盗難に遭いやすい車とその場所とは

我々のように駐車場、それも月極駐車場を運営している企業にとっては悩めるニュースが配信されていました。

それがコレ・・・

なぜトヨタ車ばかり狙われる?
特にプリウス、ランクル、ハイエースなど盗難されやすい車の特徴とは何?

新車を購入した後、気になるのが盗難被害でしょう。
最近では、「リレーアタック」という新しい手口もニュースなどで取り上げられ、心配の種が尽きません。

日本損害保険協会が発表した車名別盗難は、レクサスが2018年から2.6倍の66件に増加し、ワースト1位となり、プリウス、ランクル、ハイエースなど上位になりました。

なぜトヨタ車ばかり狙われるの?

盗まれやすい車にはどんな特徴があり、盗難防止にはどのような対策があるのでしょうか。

車名別盗難における上位車種の特徴として、トヨタブランド(レクサス含む)ということが挙げられます。
特に、プリウスは、2016年車名別盗難全体の中で20%、2017年は22.3%となり、盗難の被害が減少した2018年でも全体の15%となっています。

このことで、車両本体盗難の被害が特定の車種に集中する傾向になっているようです。

では、何故にトヨタ車が狙われやすいのでしょうか?

中古車の取引専門業者は次のように述べています。

「元来、トヨタブランドは世界の自動車メーカーのなかでも耐久性や信頼性への評価が高く、新車・中古車に関係なく人気があります。

特に、ランドクルーザーは過酷な環境でも機能を発揮しますので、中東や南米などでも評価が高い。また、プリウスもハイブリッド車のパイオニア的存在で、中国を始めとするアジア圏で人気です。」

以上のことから、信頼性が高いトヨタの高級ブランドということで、世界的に人気が高まっていることが大きいと言えます。

盗難の発生場所としては「自宅の屋外」が約50%となり、屋外の契約駐車場での被害を含めると70%以上という結果があります。

このことから、人通りが途切れる深夜の時間帯にかけて、侵入しやすい屋外駐車場が狙われているようです。

月極駐車場